WordPressで簡単に記事のレイアウトを向上させるプラグイン5選

WordPressで簡単に記事のレイアウトを向上させるプラグイン5選

他のサイトの記事を見ていて「このサイトの目次もついて、見出しのデザインもしっかりして見やすいなぁ」と思った経験の方おられる思います。

メディア運営を担当されている方や個人でブログをされている方は、コンテンツの内容は自分スキルとしてもの記事のデザインは見栄え良くしたいですよね。

実はWordPressでは記事のデザインも助けてくれるプラグインがあります。見出しのデザイン、目次、テーブル機能などが投稿ページで使用でき、殺風景な記事のデザインのクオリティを上げることができます。

今回は記事のデザインクオリティを簡単にアップできるプラグインを紹介したいと思います。

簡単に記事の見栄えを良くするプラグイン

これからWordPressで記事を投稿するする際、いままでよりワンランク上のコンテンツを求める方必見のおすすめの5選です。

それではいきましょう!

1.38個のショートコードが使える「Shortcodes Ultimate」

38のショートコードが使用できる最強のプラグインです。このプラグインをWordPressにインストールすれば投稿ページの上部のメニューにショートコードを選択できるメニューが追加されます。

テーブル、アコーディオン、ボタンの設置など記事作成時に役立つ機能が満載です。記事の内容によってショートコードを使いこなせばユーザビリティの向上にも繋がります。

2.見出しデザインが可能な「TinyMCE Advanced」

記事の見出しは検索エンジンを重要ですが、ユーザーに対しても重要な場面なのか確認するのに大切な指針になります。

このプラグインを使えば投稿ページ内のデザインをCSSを使わずにショートコードで作成することができます。このプラグインをはhタグを使用する際に好きなレイアウトに表示されます。

見出しはデザイン的にも重要な項目になってくるので、サイトの見栄えをかなり影響を与えます。CSSを使うことができない運営者の方でも安心です。

3.目次の表示をしてれる「Table of Contents Plus」

多くの項目を記事にする際に目次を表示できるプラグインです。

例えば1つのテーマでもいくつかの項目があれば目次を冒頭に表示すればユーザーが見たい位置まで飛ぶことができれば非常に親切です。

このプラグインは見出しを抜き出して目次を作成するので、見出しのタイトルをわかりやすくつける意識も変わってきます。

4.ウィジェットをアイコン表示する「Widget Icon」

このプラグインはウィジェットの初期設定が「最近の投稿」などを表示されると思いますが、その表示をアイコンかすることができます。

670種類以上のアイコンが用意されており、ウィジェットの内容にあったアイコンをすることでデザインと内容の視認性向上に役立ちます。

5.Youtubeを使用するのに最強のプラグイン「Youtube Adds Pro」

記事内にYouTubeの動画を添付する方におすすめの最強のプラグインです。埋め込作業、動画の幅、フレーム、アノテーションなど多くの機能をこのプラグインを使えば操作できます。

動画のアイキャッチがあらかじめ用意されておりテキストの位置や色も変更することができます。

以下のようにフレームが付けられます。

plugin

引用 : Youtube-adds-pro

このプラグインのお値段が9,800円を値が張りますがセミナーの動画など、様々な動画コンテンツ記事を作成するかたにはうってつけのプラグインです。

6.パンくずリストが表示できる「Breadcrumb NavXT」

今現在どのページのカテゴリにいるのか表示するパンくずリストを入れることができるプラグインです。

ページが多い、枝分かれのサイトだとパンくずを実装するだけでユーザビリティが非常にあがります。
是非入れてみてはいかがでしょうか?

まとめ

いかがでしたでしょうか?

これらのプラグインを使えば、あなたのメディアもかなりクオリティがアップすること間違いなしです!

記事の内容、つまりコンテンツの内容も重要ですが記事のデザインもユーザーが見る価値があるか判断する材料の一つです。あまりにあっさりとしたサイトだと信頼も得られにくいです。

※注意点としてあまりたくさんのプラグイン追加はサイト速度の遅延に繋がりますの注意してください。

なのでみなさんもプラグインを使って簡単に記事のコンテンツのクオリティーを向上しましょう!

この記事のライター

鈴木 駿也