コンテンツマーケティング成功の秘訣!必ず確認すべき3つのポイント

コンテンツマーケティング成功の秘訣!必ず確認すべき3つのポイント

コンテンツマーケンティングとは、顧客視点で読みたいと思う魅力的な情報・記事(コンテンツ)を作成し、潜在的な顧客を新規に獲得するだけではなく、顧客をつなぎ止めておくことにも有効だと言われている手法です。

昨今、コンテンツマーケティングが主流になってきていることから、自社も取り組もうとして自社サイトにブログを設置してみたけど、思ったようにアクセスが伸びないなど、効果の真偽や成功しているかどうか疑問を持っているweb担当者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

コンテンツマーケティングは、ただ記事を作成してブログやメディアサイトに掲載すればいいというものではありません。

そこで、今回は、コンテンツマーケティングを成功させるために必ず確認するべき改善ポイントを3つご紹介します。

コンテンツマーケティング成功の秘訣!必ず確認するべき改善ポイント3つ

コンテンツマーケティング ポイント

まずは成功のためのポイントをご紹介します。

自社で既にコンテンツマーケティングを行っている方は、何ができていないかをしっかりと確認しましょう。

また、これからコンテンツマーケティングを行う場合は、事前に成功の秘訣を抑えながら一歩一歩取り組みを進めていきましょう。

ポイント1:自社の解決したい課題と使用するコンテンツが一致しているか

コンテンツマーケティングにおけるコンテンツというと、ブログを思い浮かべる方が多いと思います。

しかし、コンテンツは、ブログに限ったものではありません。

重要なことは、それぞれのコンテンツの特徴を認識しておき、自社の解決したい課題と適合したコンテンツを使っているか意識することです。

とりあえずブログを使ってコンテンツを発信したとしても、そのコンテンツがあなたの企業の課題に対して効果的なものでなければ意味がありません。

コンテンツの種類ごとの特徴を認識し、どのコンテンツが自社の課題に対してふさわしいか確認しておきましょう。

①ブログ記事

ブログ記事というコンテンツは、「ストック型」と言われ、記事を作成し蓄積しながらメディアを構築することができます。

1つの記事を作成すれば、その記事はずっとWEB上に残り続け、記事が増加することで、サイトの内容が拡充し、検索エンジンからの評価も得やすくなります。

ブログ記事は、短期的な施策ではなく、長期的な施策として考える必要があるでしょう。

ただし、ブログ記事は、サイトに掲載しておくだけなので、ユーザーが検索したり他のサイト・SNS等のリンクからたどりつかなければ閲覧されないということを理解しておかなければいけません。

ユーザーがどのような検索キーワードを使用するのか、SNSで発信するのか等の戦略が必要になります。

②SNSへの投稿

ブログ記事の「ストック型」に対して、SNSへの投稿は「フロー型」と言われています。

facebookやtwitterへの投稿は、記事が一か所にとどまらず、顧客のタイムラインをどんどん流れていくことから、このように呼ばれています。

SNSへの投稿は、多くの人に周知しやすいという反面、タイムラインで流れてしまうため、他の情報に埋没しやすいという側面があります。

時間限定の情報などをスピード感を持って情報を発信したい場合には効果的であると言えるでしょう。

③メールマガジンによる配信

メールマガジンは、既に獲得したユーザーに対して、一斉に周知することができる「プッシュ型」の手段として一般的に知られています。

配信したメールの件名が、ユーザーにとって魅力的で興味を引くものであれば、そのメールをきっかけにユーザーのアクセスを導くことができます。

メールマガジンは、新商品発表やイベント、業界ニュースなどを周知するためには効果的な手段だと言えます。

しかし、多くのメールマガジンを購読することが一般的になった昨今では、ユーザーがメールを受け取ったとしても、埋もれてしまいやすいという特徴があることも忘れてはいけません。

コンテンツのメリット・デメリットを理解し、組み合わせて活用する

ご紹介したように、ブログ、SNS、メールマガジンそれぞれにメリット・デメリットがあり、どれを使っても「完璧」とまでは言えません。

重要なことは、それぞれのメリット・デメリットを理解し、組み合わせて利用することです。

例えば、既存顧客であればメールマガジンにより、ブログ記事を更新したことを周知することでブログに誘致し、SNSを使うことでより多くの人にブログ記事への周知を行うことができます。

メールマガジン、SNSどちらを使っても、魅力的なブログの記事がなければ効果はありません。

これらを売りたい商品や企画を考慮しながら、組み合わせてコンテンツマーケティングに取り組むことが有効です。

ポイント2:顧客にとって魅力的な記事作りができているか

記事

コンテンツマーケティングを始めても、作成している記事が顧客にとって読みたいと思う魅力的な記事でなければ意味がありません。

企業側の想いだけで記事を書いただけのコンテンツマーケティングでは、効果は出にくいと言えるでしょう。

潜在的な顧客にとって検索したいと思える魅力的な記事を作成するためには、顧客の検索意図や知りたいという欲求を満たすことのできる、「専門性の高さ」と「関連テーマの網羅性」のある記事である必要があります。

そもそも顧客の検索意図・知りたいと思うことを理解して記事を作成しなければ、あらゆる手段を通じて記事を拡散しても顧客の増加はおろか、アクセス数も上がらず成果には結びつきません。

企業側ではなく、顧客側の視点でコンテンツ設計を考え、記事を作成できているかどうか確認してみてください。

ポイント3:継続できているか

継続できているか

コンテンツマーケティングは、1日・2日で効果が出るものではなく、効果が発揮されるまでに時間を要するため、時間をかけて継続して取り組まなければいけません。

すぐに効果が出ないからといって、更新が途切れ途切れになってしまっていては、なおさら効果が出ないものになります。

根気強く、継続して、定期的に記事を更新していくことが、コンテンツマーケティングを成功に導くために何よりも重要なことなのです。

継続して、定期的に記事の更新が行えているかどうか、確認してみてください。

まとめ

いかがでしたか。コンテンツマーケティングを成功させるために、必ず確認するべき改善ポイントを3つご紹介しました。

コンテンツマーケティングは、企業の課題に適したコンテンツを選び、魅力的な記事を作成し、それを継続できなければ効果を得られません。

今回ご紹介したポイントがしっかりと満たせているか、コンテンツマーケティング成功のために、自社の取り組みを確認してみてください。

この記事のライター

松下 朝香