1から始めるSEO。対策とキーワードを選ぶコツとは

1から始めるSEO。対策とキーワードを選ぶコツとは

皆さんはSEO対策という言葉をご存知でしょうか?

専門用語のため、関係者以外にはほとんど聞き馴染みの無い言葉だと思います。

インターネットの普及により、爆発的にIT化が進んでいる近年、ビジネスとしてSEOの対策を実施している企業が多数あります。

そこで、SEO対策とは一体何をするものなのか、SEOの対策とキーワード選定のコツをご紹介します。

【基礎知識】SEOとは?その対策とキーワードの選定するコツ

SEO(検索エンジン最適化)とは?

SEO(検索エンジン最適化)とは?

SEO対策を解説する前にSEOについて紹介したいと思います。

SEOとは、Search Engine Optimizationの略で、検索エンジン最適化という意味です。

一言でまとめると、GoogleやYahooなどの検索エンジンで特定のキーワードでユーザーが検索した時に、自分のサイトを上位に表示させることです。

上位を獲得するためにはユーザーにとって価値のある情報を発信することが重要です。

 

SEOの対策を実施メリット

それではSEOの対策を実施するメリットをご紹介していきます。

SEOの対策は

  • ページ内で上位表示されることでユーザーの目にとまる回数が上がる
  • 広告ではないため費用が発生しない
  • 検索順位が上がればそれだけ信頼してもらえる
  • SEOの対策を行うことで自社の商品にどのようなニーズがあるのか知ることができる

こういったメリットを得ることができます。

従来の広告では、アクセス数によって広告費が発生します。

しかしSEOの対策の場合はサイトが上位に表示されているだけなので広告費が発生しないと同時に、順位が上位であれば、それだけ自分以外のユーザーに支持されている(信頼がある)という安心感を与えることができます。

 

SEOの対策を実施する

それでは実際にSEOの対策を実施するために必要な流れを順番にご紹介します。

 

1.SEOの対策を実施するためにキーワードを書き出す

SEOのためのキーワードを書き出す

SEOの対策をするにはまず、SEOの対策に適した自分のサイトに関連するキーワードを書き出す必要があります。

ここではSEOの対策に適したキーワードの書き出しを憶測ではなくサジェスト検索ツールを使っています。

憶測ではSEOの対策に有効では無いキーワードの場合があります。

 

2.キーワードのボリュームを調べる

キーワードをある程度書き出せたら検索ボリュームを見てSEO対策に適したキーワードかどうか調べましょう。

キーワードプランナーを使って月間検索ボリュームを調べることができます。

ここで重要となるのが、ただボリュームがあれば良いということではないということです。

少なすぎるということは、そのキーワードがユーザーにとって需要が無く、SEOの対策を行っても効果が薄くなります。

逆に、多すぎると大手企業が時間とお金をかけてSEOの対策を行っているため効果を得るのは難しくなります。

ボリュームが多すぎず少なすぎないキーワードを選定しましょう。

 

3.SEOの対策をするキーワードで検索されている悩みを調べる

SEOの対策をするキーワードが決まれば、次はそのキーワードをユーザーが検索する時、どのような悩みを持っているのか調査しましょう。

キーワードからもある程度年齢層や職種の人が知りたい情報なのか推測することは可能ですが、実際に悩みを相談しているようなYahoo知恵袋のようなサイトで事前に下調べしておくことで、より具体的な内容の記事を作成することができるでしょう。

 

4.キーワードを意識して記事を執筆する

SEOのキーワードを意識して記事を執筆する

それでは実際に記事(コンテンツ)を執筆していきす。

  • まとめ型
  • ハウトゥ型
  • ランキング型

記事と言っても情報をまとめたまとめ型や疑問に答えたハウトゥ型など、記事のタイプは様々です。

設定したSEOに有効なキーワードはどのような悩みや考えを持ったユーザーが多いのかなど色々な角度から書くと、より多くのユーザーにとって上質なコンテンツになるでしょう。

良いコンテンツの基準は、特定のキーワードで調べるユーザーがそのコンテンツを見て悩みや知りたかった情報を得られるかどうかです。

皆さんが分からないことをGoogleやYahooで調べた時に、キーワードのSEO対策が行われた記事が上位表示され、高確率で分からなかったことや悩みを解決できたことと思います。

そんな時のことを考えて、ユーザーが何を知りたいのかを書くことを心がけましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

  • サイトの関連キーワードを洗い出す
  • 洗い出したものについて実際の悩みを調べる
  • SEOの対策キーワードを意識しつつ記事を執筆する

SEO対策はこのような流れで実施します。

一度SEO対策によって効果を得ることができれば、長期的な宣伝として活用できます。

長期的な商品販売の場合は、一時的な宣伝の広告よりも効果的だと言えるでしょう。

この記事のライター

鈴木 駿也

関連の記事