SNSマーケティング

違いを解説!Instagramのビジネスアカウントとは

違いを解説!Instagramのビジネスアカウントとは

若い世代を中心に流行している「Instagram」。

世界中で7億人以上が利用しているSNSの代表格です。

そんなInstagramにはビジネスツールが導入されたことをご存知ですか?

Instagramをビジネス向けに利用する「ビジネスアカウント」を取得できるようになりました。

今回は

  • ビジネスアカウントは一般アカウントと何が違うのか。
  • ビジネスアカウントの活用方法

の2つの項目を中心に解説していきます。

一体何が違うの?Instagramのビジネスアカウントとは

一般アカウントとビジネスアカウントの違い

Instagramのビジネスアカウント

出典:appllio

普段Instagramを利用している人は、食べた料理・綺麗な風景・友人と遊んでいる様子などをアップし共有していると思います。

それが一般アカウントです。

アプリをインストールして必要な情報を入力し使用開始すれば、一般アカウントを取得できます。

ではビジネスアカウントとは何でしょうか。

ビジネスアカウントとは、顧客と交流する際に役立つツールが利用できる企業利用者向けのアカウントです。

その名の通り、ビジネスアカウントはビジネス向けの運用に特化した機能を備えています。

では、実際にどういった方法で活用されるのかを解説します。

ビジネスとして活用される3つのツール

ビジネスとして活用される3つのツール

Instagramのビジネスアカウントには一般アカウントとは違う利用方法ができる機能が3つ備わっています。

1.ビジネスプロフィール

一般アカウントでは登録できなかった、電話番号やメールアドレスなどの連絡先が登録できます。

これまでは、投稿を見た顧客が企業とコンタクトを取る時には、コメントやDM機能を利用する必要があり、手間がかかってしまうため不満の声が上がっていました。

しかし、ビジネスプロフィールを活用することで、企業と顧客とがスムーズで手軽に連絡を取ることができるようになりました。

企業にとっても顧客にとっても嬉しい機能です。

また、店舗の位置情報も登録することもできるので地図としての役割も果たします。

 

2.Instagramインサイト

Instagramインサイトとは簡単に言うと分析ツールです。

フォロワーについての情報や反応が多かった投稿など知ることができます。

インサイトを利用することで、フォロワーの興味に合った情報やタイムリーな話題を提供することが可能になりました。

その他にも

  • 投稿の閲覧数
  • ビジネスプロフィールに登録されているウェブサイトのリンクをタップしたアカウント数
  • フォロワーの性別・年齢などを含む細かな情報

など多くの情報を知ることができます。

この情報を上手く活用してマーケティングに繋げる企業が増えています。

ここで注意しておきたいのが、フォロワーの数です。

ビジネスプロフィールで年齢や性別などの細かな指標を確認するには、100人以上のフォロワーが必要になります。

詳細な情報まで解析したい場合は、まずはInstagramのビジネスアカウントのフォロワーを増やすことから始めましょう。

3.投稿の宣伝

投稿の宣伝機能を利用することで、過去の投稿を広告として出稿することができます。

インサイトを使って顧客の注意や興味を多く引きつけた投稿を解析し、その投稿を広告にすることで、より多くの人に投稿を見てもらうことができます。

配信先の年齢・性別などは自分で選択でき、出稿期間も指定することができます。

何度も投稿する手間が省けるだけではなく、新たらしい顧客の獲得に繋がる可能性も高いので、ビジネスアカウントにはぴったりの機能ですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ビジネスアカウントを上手く活用することで、顧客との結びつきを深め、マーケティングにも利用できます。

利用者数が増加傾向にあるInstagramをビジネスに活用してみてはいかがでしょうか。



conma! - コンテンツマーケティングに特化したメディア

関連の記事

最新の記事