【解説】企業が注目するFacebookを使ったマーケティングとは

【解説】企業が注目するFacebookを使ったマーケティングとは

最近増加しているSNSを使ったマーケティング。

たくさんのSNSが登場する中、Facebookを使ったマーケティングが注目されています。

企業がFacebookを利用することによって、これまでとは違う新しいマーケティングが可能になりました。

今回は、新時代のマーケティング手法「ソーシャルメディアマーケティング」について解説し、Facebookを使ったマーケティングの利点をご紹介します。

Facebookを使った新しいマーケティングを解説

ソーシャルメディアマーケティングとは

ソーシャルメディアマーケティングとは

ソーシャルメディアマーケティング(以下、SNSマーケティングとする)とは、その名の通りSNSを利用してマーケティングを行うことです。

デジタルメディアが進化を続ける現代に特化したマーケティング手法とも言えるSNSマーケティングには、以下の3つの特徴が挙げられます。

 

1.無料であること

SNSの最たる特徴として挙げられるのが基本の使用料が無料であることです。

これはビジネスに利用するときも同様で、登録しアカウントを所得するところまでは完全無料で行うことができるものが多くなっています。

広告やマーケティングの費用に悩まされてきた企業にとっては、興味の惹かれる部分ですよね。

 

2.利用の障壁が低いこと

これまでは、Webを使ってのマーケティングには専門知識が必要でした。

しかし、SNSマーケティングであれば、最低限の知識があれば誰にでも運用を開始することができます。

企業はどのようなコンテンツをどのような方針で配信するかに力を注げば良いという点で利用を開始する障壁が低いと言えます。

 

3.双方向のメディアであること

SNSは発信する人と受信する人がコミュニケーションをとることができる双方向のあるメディアです。

これまでの広告であれば、消費者に訴えることがメインでしたが、SNSマーケティングでは消費者からのメッセージやコメントのやり取りも可能になりました。

コミュニケーションをとれることがSNSマーケティングの強みだと言えます。

 

Facebookマーケティングとは?

Facebookマーケティングとは?

Facebookマーケティングとは、SNSマーケティングの中でもFacebookを使ったマーケティングです。

利用者も多く、安全性の高いFacebookはSNSマーケティングを行うのに適していると言えます。

Facebookマーケティングで大切なことは「売り込まない」ことです。

消費者に売り込むことを目的とするのではなく、Facebookで投稿するコンテンツでの集客を目指します。

コンテンツをいかに魅力的なものにするかが成功の鍵を握っていると言えるでしょう。

そして、Facebookの特徴的な部分が「いいね!」の機能です。

この「いいね!」によって企業と消費者とのコミュニケーションが生まれます。

「いいね!」の数は、コンテンツをおもしろいと思ってもらえた、共感してもらえたという1つの指標になります。

反対に他の投稿と比べて「いいね!」の数が少ないコンテンツには何か欠点があるはずです。

コミュニケーションを生むだけでなく、どのくらい消費者に受け入れられたかが具体的な数字でわかるのはこれまでの広告と異なる点ですね。

 

Facebookマーケティングの強み

Facebookマーケティングの強み

Facebookには他のSNSには無い強みがあります。

その強みを活かしたマーケティングを行うことで効果が大きくなると考えられます。

・コンテンツをストックできる

→1度投稿したコンテンツは削除しない限り消えることがなくストック可能

 

・シェアすることでの拡散性

→シェア機能によって口コミにも似た信頼性の高い情報を拡散できる

 

・Facebookインサイトによる解析

→どのような人がどのような時間にどのような目的でコンテンツを閲覧したのか等を知ることができる

 

など、これらの強みを活かすことでFacebookマーケティングはより効果的なものになると考えられます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

Facebookを使ったマーケティングは、企業と消費者がコミュニケーションをとることが成功の秘訣です。

ユーザーの声に耳を傾けることで、固定ユーザーの獲得やコンテンツのファンを増やすことに繋がるでしょう。

Webでのマーケティングにお悩みの方は、是非参考にしてみてください。

この記事のライター

田中 智啓