コンテンツマーケティングとは?基礎知識から活用方法まで一挙公開

コンテンツマーケティングとは?基礎知識から活用方法まで一挙公開

コンテンツマーケティング“をご存知ですか?

Web時代の新たなマーケティング手法として注目が集まり、取り入れる企業が増えています。

コンテンツマーケティングとは、ユーザーにとって有益なコンテンツを配信することで、顧客のニーズを育て、商品の購入やサービスの利用を促すマーケティング手法です。

今回はこのコンテンツマーケティングについてご紹介します。

目次

コンテンツマーケティングとは?基礎知識から活用方法に至るまで一挙公開

コンテンツマーケティングは企業のブランディングやPRにも一役買うマーケティング手法で、従来のプッシュ型メディアである広告とは違うプル型メディアです。

アメリカで生まれたコンテンツマーケティングは、現在日本国内でも広がっており、多数の企業がWebマーケティングの施策として実践しています。

今後マーケティングや広告宣伝の一環としてコンテンツマーケティングを行いたいという方は、まずコンテンツマーケティングとは何か、そしてどのような仕組みで、具体的にどのような方法で集客するのかを理解する必要があります。

コンテンツマーケティングはなぜここまで注目されるようになったのか、現在までのWebマーケティングとの違いや、今後どのように活用するべきなのかを紹介します。

コンテンツマーケティングの概要

一言で”コンテンツマーケティング”とはいうものの、その中には様々な要素が含まれており、それらの要素を上手く組み合わせてユーザーの元に届けることで成立すると言えるでしょう。

スマホやタブレットといったデジタルツールが普及し、Webへのアクセスが容易になった今の時代では、多数の情報を見聞きできる情報化社会となりました。

企業が自社の商品やサービスの認知度を高めるためには、ウェブサイトで良質なコンテンツを提供し、ユーザーにアプローチする必要があると言えるでしょう。

コンテンツとはどのようなものなのか

コンテンツマーケティングの最も重要とも言える要素である”コンテンツ”とは一体どのようなものを指すのでしょうか。

「コンテンツ」とは、映画、⾳楽、演劇、⽂芸、写真、漫画、アニメーション、コンピュータゲームその他の⽂字、図形、⾊彩、⾳声、動作若しくは映像若しくはこれらを組み合わせたもの⼜はこれらに係る情報を電⼦計算機を介して提供するためのプログラム(電⼦計算機に対する指令であって、⼀の結果を得ることができるように組み合わせたものをいう。)であって、⼈間の創造的活動により⽣み出されるもののうち、教養⼜は娯楽の範囲に属するものである。

引用:「コンテンツの創造、保護及び活用の促進に関する法律」

日本国内ではコンテンツは上記のように定義されており、何かしらの情報を文字や写真、音声などだけでなくそれらを組み合わせて作成されたものだと言えます。

つまり、私たちの日常生活の中で使用するテレビ番組や映画、漫画、写真だけでなく、電子機器を通じて受容するWeb上にアップされた記事や広告もコンテンツであると言えるため、かなり広義になります。

中でもコンテンツマーケティングで使用するコンテンツは、PCやスマホを通じて配信されるため、Web上にアップするブログ記事やまとめ記事を指すことが多く、文字だけでなく写真やイラスト、映像やアニメーション等の複数のコンテンツを組み合わせたものが中心です。

京都の旬な観光情報を掲載するメディアサイト「KYOTO MASTERS」

出典:KYOTO MASTERS|古来より平和な世を祈る、賀茂御祖神社「下鴨神社」

こちらの画像は、弊社が運営する京都の旬な観光情報を掲載するメディアサイト「KYOTO MASTERS」の様子です。

文字だけでなく写真や動画を使用することによって、よりユーザーにわかりやすく魅力的にお届けすることを目的としています。

「制作者の意図が含まれているもの」「受け取ったユーザーが何かしらの情報を手に入れることができるもの」「受け取ったユーザーの感情を動かすもの」「受け取ったユーザーの行動のきっかけになるもの」

弊社の考えるコンテンツの定義として、これらの要素が含まれたものであり、制作者が意図をもってユーザーにとって有益な情報を提供し、そしてそれらを受け取るユーザーがいることが大前提となります。

そして、コンテンツをきっかけにユーザーが何かしらを感じとり、行動を起こさせるマーケティング手法をコンテンツマーケティングと呼ぶことができるでしょう。

ユーザーの行動のゴールを、会員登録・資料請求・サービスの申し込み・商品の購入など任意の目標に設定することで効果を測定することが可能になります。

コンテンツを使用したマーケティングの例

コンテンツをマーケティングに活用する手法は多数あり、広告を中心とした様々な形で実践されてきました。

ここ数年で社会を取り巻くデジタル環境が大きく変化したこともあり、より多くの方に商品やサービスの情報をお伝えするために、お客様の購買行動のきっかけにするために、またニーズを捉えるための手法として、広告の作り方にも変化が起きています。

広告の形式は、どのようにお客様が関わるかによって大きく以下の2つに分けられます。

  • プッシュ型
  • プル型

プッシュ型広告とは

プッシュ型の広告はユーザーが受動的に情報を受け取ります。

「PUSH=押す」の言葉通り、広告主がユーザーに向けてアピールするような形です。

例えばテレビやラジオのCMや新聞、折り込みチラシ、雑誌の広告、メルマガなどがこのプッシュ型広告に含まれます。

ユーザーの意志とは関係無しに、目に入るものや見聞きする可能性もあり、不特定多数をターゲットに広く浅く宣伝が可能だという特長がありますが、広告費が高くなるというデメリットも。

また、「売り込み型」「広告っぽい」といったコンテンツを嫌う人も多く、従来までのプッシュ型広告では集客ができなくなってきているという現状もあります。

プル型広告とは

一方プル型の広告は、ユーザーが能動的に情報を受け取ります。

「PULL=引く」というよりも待ち伏せに近いイメージで、広告主が出した情報をユーザーが自らがアクションを起こして手に入れます。

例えば、SEOやリスティング広告、バナー広告などがこのプル型広告に含まれます。

コンテンツマーケティングはこのプル型広告を活用したマーケティングであり、自分達が出した記事をいかに見つけてもらうかが重要です。

そのためには、ターゲットの選定を行い、ニーズを理解し、読んだ人が買ったりサービスを利用したりという行動を起こすように誘導する必要があります。

記事の書き方については、基本的なポイントを知りたい方はこちらもご確認ください。

また、コンテンツマーケティングではGoogle検索のアルゴリズムを理解し、SEOで検索順位を上げることも重要です。

次からはコンテンツマーケティングを理解する、そして実践するあたり絶対に必要となるWebマーケティングの知識をご紹介します。

Webマーケティングを理解する

コンテンツマーケティングとは何かを考えるにあたり、Webマーケティングへの理解は欠かせません。

Web上にコンテンツを公開し集客を行うコンテンツマーケティングはWebマーケティングの一種と言えます。

そのためコンテンツマーケティングを実践する際には基礎となるWebの知識が必要になると言えるでしょう。

Webマーケティングとは?

Webマーケティングとはその名の通り、Web上で実践する、またはWebに関連するマーケティングのことを指します。

そもそもマーケティングは物が売れる仕組みを作る活動」ですが、それをWebを中心にして行うことをWebマーケティングと言います。

デジタル機器も発達し、誰もがPCだけでなくスマホやタブレットを持ち歩く現代社会には欠かせないものとなり、また私たちの生活にも溶け込んでいると言えるでしょう。

Webを使って商品やサービスを消費者に知らせる、そして利用や購買につなげるという流れを作ることを指すため、ホームページでの商品宣伝やECサイトを利用したオンラインショッピング、またSNSを利用しての広告宣伝もWebマーケティングに含まれると言えるます。

テレビのCMで「続きはWebで!」という言葉を流しているのをよく見かけるようになりましたよね。

あのCMでは、実際に店舗を訪れなくてもその場で購買できるというWebの強みを活かして、CMを見た人を商品やサービスのホームページやECサイトに誘導することで、集客や利益に繋げるWebマーケティングの一種です。

Webという私たちの生活に溶け込んだものを使用するからこそ、自然に且つ効果的なマーケティングを実践することができると言えますね。

近年ではソーシャルネットワーキングサービス=SNSを利用したマーケティングにも注目が集まっています。

特に、Facebookを利用したマーケティングは企業が活用することも多く、広告費削減の一端を担っているケースもあります。

Facebookマーケティングについては以下の記事で詳しく説明しておりますので、ご覧ください。

Webマーケティングの特徴と効果

Webマーケティングの特徴として以下の3つの項目が挙げられます。

 

1.効果が明確である

Webマーケティングは施策の効果が数値になって表れます。

例えばWebサイトを立ち上げた場合。

ツールを利用すれば、そのサイトを何人が見たのか、どのような頻度で見ているのか、ユーザーの性別や年齢も明確になります。

また、どのページが見られているのかを数字で明確で捉えることができるため、ヒットしているコンテンツも一目でわかりますよね。

Webマーケティングで利用されるツールの定番が「Googleアナリティクス」です。

Googleアナリティクスで使用される用語や、Googleアナリティクスを利用することでわかる事柄については以下の記事で詳細に紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

そのため、施策を講じる際に設定したターゲットを適切に捉えられているのか、費用対効果と見合っているかを検証することが可能になります。

そして検証結果をもとに施策の改善を行うことが可能です。

2.ターゲットを絞り込んだマーケティングが可能

Webマーケティングではユーザーを絞り込んだターゲティングが可能になります。

検索するキーワードを予想しSEOでの集客を狙うだけでなく、年齢・性別・興味といったユーザー属性を絞り込むことができます。

Web以外の媒体の広告でも、ある程度のターゲティングは可能です。

例えばファッション雑誌にはコスメの広告、男性向けの雑誌には筋トレマシーンの広告を掲載する、日曜の朝の子供向けアニメが放送されている時間帯にはおもちゃのCMを放送するなど番組を見ている人に合わせた広告が出されていますよね。

しかし、Webマーケティングではより絞り込んだ範囲でのニッチで正確なターゲティングも可能になります。

ピンポイントでターゲットを絞り込んだマーケティングを実践することで、確実にニーズを捉え、広告費の削減やコンバージョン率の向上に繋がるという特長もあります。

3.コストが安い

最後にWebマーケティングの最大の特徴とも言えるのが、低コストで始められるということです。

施策を講じる規模にもよりますが、予算に合わせて施策のプランを組み立てることもできます。

例えば、自社のブログサイトの立ち上げる際にはサーバー代金とドメイン代だけであれば初期投資は数千円程度~、月額料金数百円程度~始めることができます。

また「はてなブログ」「FC2ブログ」などの無料ブログサービスを利用したり、SNSを利用することで、お試し感覚で始めることもでき、少ない予算であっても低コストで効果を出すことも可能です。

Webマーケティングの施策例

では実際に企業が行っているWebマーケティング施策はどのようなものがあるのでしょうか。

代表的なものをご紹介します。

SEO(検索エンジン最適化)

特定のキーワードでユーザーが検索した際に、GoogleやYahooでの検索結果の上位に表示させることで、Webサイトやコンテンツの露出を多くするための施策をSEOと呼びます。

この仕組みは多くの企業が課題としている部分でもあり、Google検索のアルゴリズムは日々変化していると考えられるため、一度順位が上がったサイトも、放置していれば良いというものでもありません。

Googleが質が良いと判断したページが検索結果の上位に表示されるとされているため、SEOを意識したページ制作やコンテンツ制作を行わなければ、検索順位を上げることは難しく、よりたくさんの人に閲覧してもらうことが難しくなります。

SEOを実践するにあたって重要な要素とされているのが“ユーザーファースト”であることです。

つまり、そのページがユーザーにとって有益であるか、ユーザーのためになっているかという部分で記事の質の評価を行います。

その要素として考えられている一例が以下のものです。

  • ユーザーにとって有益な情報が掲載されている
  • ページの表示速度が遅くない
  • スマホページがしっかり作られている
  • ページの内部修正が施されている
  • 被リンクされている(他サイトからリンクされている記事は質が良いと考えられるから)

上記の要素を全て満たしたページが検索順位の上位に表示されるとされており、検索順位が集客の肝であるWebマーケティングではこれらの要素をSEOとして対策を行います。

ページの内部構造については以下の記事でも紹介しておりますので、参考にしてみてください。

ページのみではSEOを十分に実践することが難しいとされており、そのためにコンテンツSEOを実践する企業が増えています。

(※コンテンツSEOについては、「(5)コンテンツSEOの重要性」で詳しく紹介しています。)

リスティング広告

リスティング広告の特徴

リスティング広告はSEO同様、特定のキーワードでの検索順位を上位にするもので、リスティング広告を利用することでオーガニックでの検索順位とは無関係にページを上位に表示させることが可能になります。

広告の1クリックあたりの費用が設定されており、ユーザーがページをクリックするたびに広告費用が発生する仕組みです。

キーワード単位でオークション形式での入札が行われるため、高い広告費を払えば上位に表示させることができます。

しかし、キーワードによっては競合が多く単価が高いものもあり、広告費用がかかってしまい費用対効果と見合わない場合もあるので、どのようなキーワードで実践するのかの見極めが重要になります。

また、リスティング広告のページには「広告」の文字が表示されるようになり、広告を嫌う一定層からは不評だということも理解しておく必要があるでしょう。

メールマガジン(メルマガ)

メールマガジン=メルマガは電子メールによって配信される雑誌(文章や画像など)です。

購読者はメルマガの配信を希望した人または、商品やサービスを一度以上利用したことがある方であるため、既存顧客や見込み顧客を離さないために配信されることが多いです。

メルマガは購読者の元に直接届けることができるという特長があり、リンクを貼ることでメールから直接商品やサービスのページに誘導することも可能です。

アフィリエイト広告

アフィリエイト広告は広告主が設定した、購入・申し込み・お問い合わせ・資料請求等の目的が達成されたときに広告掲載側に手数料が支払われる仕組みの広告です。

成果報酬のものが大半で、広告主側は成果が発生しなければ費用を支払う必要がないため、広告費を削減につながる可能性があると言えます。

また広告掲載側は「アフィリエイター」と呼ばれるアフィリエイトで稼ぐ人もおり、不特定多数の広告掲載主に依頼できるのも魅力です。

しかし、商品やサービスに向き不向きがあることや、希望していたような問い合わせが届かなかったといった問題が発生する可能性もあり、うまく利用するのが困難なWebマーケティング手法でもあります。

SNS広告

SNS広告は、TwitterやFacebook、Instagramなどのソーシャルメディアに掲載される広告です。

居住地域や年齢を絞り込んでターゲティングが可能なことや、他の一般の投稿に近い形式で掲載されることもあり、ユーザーの目に留まりやすいと考えられています。

こちらもビジネス用のアカウントを取得することで、どんな人が見ているのかを分析することが可能であるため、サービスの利用や商品購買のきっかけの糸口を掴むことにも役立つ可能性があります。

幅広い年齢層の人が使用しているため今最もニーズが高まっている広告と言っても過言ではないでしょう。

コンテンツマーケティングの2つの形式と特徴

ここまで、Webマーケティングの基礎知識について紹介してきました。

Web上でのマーケティング施策の実践は、ニーズが高く、ソーシャルメディアと掛け合わせて使用する企業も増えています。

では実際にコンテンツマーケティングを実践する際に注意しなければいけないことは何なのでしょうか。

次からはコンテンツマーケティングの2つの形式についてご紹介します。

2つのメディアサイトの形式と特徴

コンテンツマーケティングを実践するには、コンテンツをアップするWebサイトが必要です。

ブログやコラムを配信する場所として、大きく分けて2つのパターンが考えられます。

  • 新規でメディアサイトを立ち上げる
  • 元々あったコーポレートサイトやスタッフブログをオウンドメディアとして活用する

この2つの形式にはそれぞれ特徴があります。

メディアサイトを立ち上げる場合

作成したコンテンツの配信場所として新規のメディアサイトを立ち上げる場合、取り上げるサービスや商品に特化したサイトを作成することができます。

サイトを1から作成するため少し時間と手間はかかりますが、ページのデザインからコンテンツのコンセプトまで全てを一環して決めることができるので、企画がブレずにコンテンツマーケティングを進めることができるでしょう。

しかし、SEO的な観点から見ると、ドメインの経過年数やサイトの構造が影響すると考えられているため、ある程度の予算を確保してサイト制作に力を入れる必要があります。

メディアサイトを立ち上げる際は、サイトの制作からコンテンツの制作までを外部に委託しながら運用しているという企業も多く、コンテンツマーケティングを行うにあたり、自社だけでは補うことができない部分をコンサルティング会社に依頼する企業も増えています。

オウンドメディアを活用する場合

オウンドメディアは自社のコーポレートサイトやブログ、SNSを指します。

お知らせやプレスリリース配信用として使用しているものや、スタッフブログを少しカスタマイズしコンテンツマーケティングに活用する企業が増えています。

元々あるサイトを利用することでコストパフォーマンスが良く、また使い方によっては見込み客の獲得や自社のブランディングにも役立つ可能性も。

現在ではオウンドメディアという言葉の認知度は上昇し、Webマーケティング施策の一環として運用する企業が増えています。

オウンドメディアの運用にはいくつかポイントがあるので順にご紹介します。

オウンドメディアを運用するポイントとは?

コンテンツマーケティングを実践する場所として活用されるオウンドメディアは前述したようにコストパフォーマンスが良く、自社のブランディングにも役立つという面もあります。

しかし、オウンドメディアであるからと言ってただ自社の情報を更新すれば良いというものでもありません。

ここではオウンドメディア運用でやってしまいがちな失敗とともにポイントをご紹介していきます。

1.コンセプトとターゲットを固める

オウンドメディアの運用でよくあるのが、コンセプトを定めないまま始めてしまうことです。

どのような記事をどのような目的で、誰に向かって配信するのかが決まっておらず、”とりあえず”のコンテンツを配信しているオウンドメディアも多々あります。

例えば、スタッフブログはこの例に当てはまることが多いです。

毎日スタッフがお店やオフィスの様子をアップしたり、商品情報を掲載しているブログはよくみかけますが、中にはスタッフのお休みの日の私的な出来事を更新していたりという場合、コンセプトがぶれてしまい、コンテンツの質の低下を招いてしまう可能性もあります。

お客様との距離を縮めるためなのか、自社のブランディングをするのか、サービス内容を配信する場所なのかなどメディアのコンセプトを定めることで固定のユーザーがつきやすくなりサイトやページにに何度も足を運んでもらえる可能性も高まります。

また、「Webマーケティングの特徴と効果」でもご紹介したように、Webを使ったマーケティングではターゲットの絞り込みが可能です。

ニーズに合わせたコンセプトと共に、ターゲットを定めることも重要です。

どのような人に向けて記事を書くのかを、運用を始める前に決めておくことでその事の安定したオウンドメディアの運用にも繋がります。

まずは「5W1H」をしっかりと決めておく事をおすすめします。

コンテンツ作成の5W1H

Who:ターゲットは誰なのか?
What:ターゲットは何を伝えるのか?
When:記事の更新頻度は?
Where:どこで情報を届けるのか?
Why:なぜターゲットはその情報が知りたいのか?
How:どのようにターゲットに情報を伝えるか?

2.更新頻度を保つ

メディアの運用にあたって一番陥りがちな失敗が、更新をする人がいなくなりサイトが放置されることです。

「1.コンセプトとターゲットを固める」でも紹介したように、コンセプトが定まっていないことによるコンテンツのネタ切れや、運用を行う人が異動や退職で不在になってしまったということも原因になります。

また、オウンドメディアの更新頻度は、SEOの観点からも重要です。

定期的に更新されているページはGoogleから評価されやすいとされており、更新を途絶えさせないことがポイントになります。

毎日でなくても、週に1回、月に数回と回数と頻度を決めて行いましょう。

3.コンテンツ数を充実させる

メディアの運用を行う上で、コンテンツの数も大切です。

配信を開始したが、コンテンツが1つ2つしかないという状態では、せっかく見に来てくれたユーザーも肩透かしをくらいます。

1つの記事を見ただけでユーザーが離脱してしまってはブランディングやコンバージョンに繋がりにくく、メディアのファンになってもらうこともできません。

特に新しいサイトを使用する際や、今まで1つもコンテンツをアップしたことがないという場合は、まずは一定数のコンテンツを用意して準備が整ってから本格的な運用を開始するようにしましょう。

4.コンバージョンへの導線を作る

どんなに良いコンテンツを作成していても、ユーザーを目標のページに移動させる導線が無ければ意味がありません。

特に、問い合わせや資料請求を最終的なゴールとするオウンドメディアでは、該当のページのリンクを設置したり、バナーを設置するなどしてユーザーを誘導する必要があります。

どのような意図でユーザーがコンテンツを見ているのかを分析し、サイト内でどのような行動をとっているのかを見ながら適切な位置にコンバージョンへの導線を作りましょう。

5.適切な記事を書く

オウンドメディアの要と言えるのはやはり”コンテンツ“です。

どんなに環境が整っていてもコンテンツが悪ければもともこもありません。

ターゲットに合った内容を適切に表現できているか、ブランディングやコンバージョンなどそれぞれの目的に合わせたコンテンツになっているかを確認する必要があります。

ターゲットの潜在的なニーズを引き出す良質なコンテンツを作成しましょう。

オウンドメディアでコンテンツマーケティングを実践する際のブログ記事の書き方はこちらの記事でも紹介していますのでぜひご覧ください。

コンテンツSEOの重要性

では適切な方法でオウンドメディアを運用し、ターゲットに刺さる記事を書き、導線を設置すれば完璧なのかと言われると100%とは言い切れません。

いくらおもしろいコンテンツを配信する興味深いメディアサイトであったとしても、その存在がユーザーに知られていなければ意味がありません。

ここでユーザーにコンテンツを届けるために、そしてユーザーにオウンドメディアを見つけてもらうために重要なのがコンテンツSEOです。

SEOを意識したコンテンツを作成することが閲覧ユーザーを集めること、そして行く行くは目標としているコンバージョンに繋がりやすくなると考えられています。

ではコンテンツSEOとは具体的にどのようなものであるのかをご紹介します。

コンテンツSEOとは

コンテンツSEOとは、検索エンジンでの上位に表示されやすいコンテンツを作ることでユーザーを集める施策を指します。

コンテンツSEOで重要になってくるのはSEOを意識したコンテンツを作成することです。

なぜここで意識という単語を多用するのか、そこにはコンテンツSEOの思わぬ落とし穴があるからです。

コンテンツSEOの陥りがちな失敗として挙げられるのが、検索上位表示を狙うためにコンテンツを作成してしまうことです。

先ほどご紹介したオウンドメディア運用にも通ずるものがありますが、Googleに評価されやすいコンテンツの特徴として、ユーザーにとって有益で良いコンテンツであることが挙げられます。

まず第一に考えておくべきなのは、「ユーザーの求めているコンテンツを配信する」ということです。

その結果、上位に表示され、たくさんのユーザーが集まるようになるというのがコンテンツSEOの理想であり、裏を返せば、「上位に表示させることを狙ってユーザーのことを考えないコンテンツ」は、ヒットしないという現実もあります。

コンテンツSEOを考えるにあたって最も重要なことは、ユーザーのためのコンテンツであることでしょう。

コンテンツSEOとコンテンツマーケティングの違い

コンテンツSEOとコンテンツマーケティングの違い

コンテンツSEOとコンテンツマーケティングは似ている部分もあり、切っても切り離せない関係と言えるでしょう。

何かの目的があり、商品の購買や問い合わせといったゴールのために様々な施策を組み合わせながらコンテンツを作成するのがコンテンツマーケティングであるとするならば、その中の1つの手段がコンテンツSEOだと言えます。

オウンドメディアやメディアサイト、またコンテンツをユーザーに見つけてもらうための方法としてコンテンツSEOがあり、コンテンツマーケティングを実践するにあたり、コンテンツSEOは欠かせないものだと言えるでしょう。

コンテンツマーケティングの実践方法

では実際にコンテンツマーケティングを実践する際にはどのような手順で進めれば良いのでしょうか?

ここからはコンテンツマーケティングをより実践的に理解するための具体的な方法をご紹介します。

コンテンツマーケティングを行うにあたり、大きく分けて以下の5つの手順が必要であると考えています。

ただしWebの知識によっても個人差があったり、会社によって強みが異なるため、一部を外注する場合も多く、どの部分を自社が担うのかという部分もかなり重要です。

  1. 企画
  2. ターゲットの選定(ペルソナ設計)
  3. サイト制作
  4. キーワードの選定/コンテンツ作成
  5. 解析

1.企画

まずは、コンテンツマーケティングを企画する必要があります。

なぜ、コンテンツマーケティング施策を講じる必要があるのかを明確にし、コンセプトを固めていきます。

この際に最終目標を決めておくことも重要です。

サービスや商品の購買、ブランディング、採用のためなど目指す目標によってコンテンツの内容やサイトのデザインも変わってきます。

コンセプトを固めて、その後のコンテンツマーケティングがスムーズに進むようにしておきましょう。

2.ターゲットの選定(ペルソナ設計)

コンテンツマーケティングのコンセプトが決まったら、次はターゲットを選定します。

年齢、性別、居住地、職業、趣味、家族構成などペルソナ像を設計しながらターゲットを絞り込みます。

この時により狭い部分まで絞り込めば、より読者に刺さりやすいコンテンツ作りが可能になりますし、キーワードの選定やコンテンツのタイトル作成もし易くなると言えるでしょう。

3.サイト制作

「2つのメディアサイトの形式と特徴」でもご説明したように、コンテンツマーケティングをどのような形式で実践するかによってサイト制作の工数や手間は変わります。

元々あるサイトに手を加えるだけであれば、簡単な作業で済みますが、サイトを新たに立ち上げる場合にはそれなりの時間と予算が必要になります。

そして、サイトのデザインもユーザーを集めるうえで重要なポイントです。

女性向けのページは可愛らしいデザインに、B to Bのページであればブランディングを意識したデザインにするなど、サイトを見る人に合ったデザインにすることでよりコンテンツの効果を高めることが可能だと言えるでしょう。

ブログを運営する際にはWordPressがおすすめです。

WordPressで構築されたサイトは初心でもわかりやすく、コンテンツマーケティングを行う際にも扱いやすさではナンバーワンだと言えるでしょう。

自身でドメインを取得することもできるので、サイトのコンセプトがぶれることを防ぎます。

WordPressについては以下のサイトで分かりやすく紹介されていますので、ぜひ参考にしてみてください。

WordPressとは?初心者でも分かるように仕組みを図解

また、今後のコンテンツマーケティングでは”レスポンシブデザイン”も重要になります。

スマホが欠かせないツールとなっている現代ではページのレスポンシブ化は欠かせないものであり、サイトによってはPCよりもスマホ画面での表示を優先しているという場合もあります。

レスポンシブデザインについては以下でも紹介していますので、ぜひご覧ください。

4.キーワードの選定/コンテンツ作成

次にコンテンツマーケティングの最も重要な部分を占めるキーワードの選定とコンテンツの作成です。

ターゲットにしているユーザーはどのようなキーワードを何の目的で検索するのか。

目標としているゴールへの導線をストーリーとして組み立てながらキーワードを選定します。

例えば、スーツケースを売りたい企業のターゲットが20代の男性だった場合、どのようなキーワードをコンテンツに使用するべきでしょうか。

スーツケース」で調べている場合よりも「スーツケース 黒 軽い」で検索している人の方が購買意欲は高く、コンテンツや商品への興味も深いと考えられます。

そのため「スーツケース 黒 軽い」というキーワードを選定しコンテンツを作成することでコンバージョンに繋がる可能性が高まります。

また、スーツケースを探している人は、出張や旅行の予定がある人であると考えられます。

そのため、「ヨーロッパ旅行 荷造り」「出張 持ち物」等のキーワードで検索している場合も考えられるため、そのキーワードに関連したコンテンツを作成することで、荷造りの際のアイテムとしてスーツケースの販売に誘導することもできます。

このように、キーワードによってどのようなルートでユーザーを誘導するのかを考慮してキーワードを選定し、来たユーザーを満足させるコンテンツを作成する必要があります。

5.解析

コンテンツマーケティングのメリットでもある解析を行わなければ、意味がないようなものです。

ターゲットはあっているか、ユーザーは適切に集められているか、導線はできているかなど解析を通して現状の把握と今後の動き方を決めます。

PDCAサイクルを回すには欠かせない要素ですので、定期的に行うことをおすすめします。

コンテンツマーケティングを失敗させないために

ここまでで、コンテンツマーケティングの基本となる知識、そして流れをご紹介しました。

コンテンツマーケティングでは企画やターゲティングが重要になりますが、実は成功の秘訣はそれ以前の段階に潜んでいる可能性があります。

ここでは、見切り発車でコンテンツマーケティングを始めて失敗したということにならないために、事前に覚えておいていただきたい項目をご紹します。

1.コンテンツマーケティングの実施期間に注意

コンテンツマーケティングを実践するうえで理解しておかないといけないのは、すぐに大きな成果が出るわけではないというものです。

特に、運用を始めたばかりのサイトでは、まだまだコンテンツの数も少なく固定のユーザー(メディアサイトのファン)も期待できません。

コンテンツを上げるにつれてユーザーからもGoogleからも信頼されるサイトに成長していくと考えられます。

以下は、Yahoo! JAPANがコンテンツマーケティングの実施者/非実施者1,030人に対して行った実態調査の結果です。

コンテンツマーケティングの実施期間を表したグラフ

調査の結果として、コンテンツマーケティングへの取り組みを始めてから「3年以上」と回答した人の割合が約30%でした。

一方で、1年未満という企業も約半数を占めており、実施期間にはばらつきがあることがわかります。

この結果から推測可能なこととして、3年以上コンテンツマーケティングを続けている場合は何かしらの成果が出ており、サイトの運営やコンテンツの更新を続けることでより大きな利益がでる見込みがあると判断しているでしょう。

サイトに固定ファンがついた場合は、閉鎖するわけにはいかず更新を楽しみにしているユーザーの期待に応えるために更新を続けているという場合もあります。

また、1年以内でやめてしまっている場合は、成果が出ないとわかり早期にやめてしまったというパターンと、成果がでる前にやめてしまったというパターン、満足の行く成果が出たからやめたパターンの3つが考えられます。

どのパターンにせよ、コンテンツマーケティングで開始後すぐに成果が出ることは稀で、出たとしてもSNSでのバズや炎上といった一過性のものである可能性が高くなり、正確なデータが取得できているとは言えません。

弊社の推奨する期間として、まずは半年の運営を見越してサイトを成長させながら運営を続ける必要があると考えられます。

2.予算の確保

比較的安い予算でも始められるのが魅力のコンテンツマーケティング施策ですが、長期の運営を見越した予算建てが必要になります。

企業にもよって変わりますが、ウェブやIT関連の予算になるのか、広報としての予算なのか、営業の予算なのかを企業できっちり計上しどこの部署が担当するのかをはっきりさせる必要があります。

またメディアサイトの規模にもよりますが、デユーザーが増えてきた際にはコンバージョン率や満足度を高めるためにもデザインの修正やページの改修など、新たな予算が必要になるでしょう。

担当者は限られた予算をどのように使用し割りふるかを考えておく必要があります。

3.リソースの確保

コンテンツマーケティングに欠かせないのがリソースです。

安定したコンテンツの供給を行うためには、主にライターのリソースが欠かせません。

コンテンツマーケティングのノウハウを持ったライターがオフィスに常駐しているというのが理想ですが、そこだけに人件費を割くことができないだけでなく、生産可能なコンテンツの量も限られてきます。

社内でライターを補う場合は、研修にかかる費用や時間を見込んでおきましょう。

また、アウトソーシングで人材を確保する場合もあります。

まずは、コンテンツマーケティングのPDCAサイクルを自社内で回すことができるか、できない場合はどこでリソースの補充が必要かを考えておきましょう。

コンテンツマーケティングについて学びたい、コンテンツマーケティングを始めたい、そう思っている方がまずやるべきことは、コンテンツマーケティングとは何かを理解することです。

始めの一歩を踏み出すには、まず基本の理解が重要になります。

そこで今回は、コンテンツマーケティングを始める際に読んでおきたい教科書になる本をご紹介します。

今の皆さんの知識レベルに合わせて選んでみましょう。

コンテンツマーケティングには教科書がある?

コンテンツマーケティング初心者の方や、コンテンツマーケティングについて体系的に学びたい方など、コンテンツマーケティングの理解を深めるために、たくさんの本が出版されています。

コンテンツマーケティングを始める前に読んでおくと、より効果的なコンテンツマーケティングが可能になるかもしれません。

Webの記事だけでは満足できない、文献として手元に置いておきたいという方は一度読んでみることをおすすめします。

1.コンテンツマーケティングの教科書

コンテンツマーケティング 本02

出典:コンテンツマーケティングの教科書|amazon

本のタイトルの通り、教科書のようにコンテンツマーケティングについて基本的な内容から体系的にまとめられている本です。

コンテンツマーケティングを始める前にこの本を読むと、コンテンツマーケティングの考え方がとてもよく分かるようになっています。

コンテンツマーケティングについて既に学んだ方も、知識を整理するために効果的な本とも言えるでしょう。

コンテンツマーケティングの実例が、目的や実践方法について、詳細に記載されていて、この本を読むことでコンテンツマーケティングを実践しやすくなっています。

2.いちばんやさしいコンテンツマーケティングの教本 人気講師が教える宣伝せずに売れる仕組み作り

コンテンツマーケティング 本03

出典:いちばんやさしいコンテンツマーケティングの教本 人気講師が教える宣伝せずに売れる仕組み作り|amazon

コンテンツマーケティングの実践方法について、とても分かりやすく記載している本です。

コンテンツマーケティングに取り組むことに対して挫折せずに取り組めるよう、図やイラストを使用しており説明が詳細になっています。

コンテンツマーケティングで重要な「コンテンツに興味を持ってもらう方法」などを、具体的に紹介しているので、これから実践したいという人にもおすすめです。

3.はじめてのコンテンツマーケティング

コンテンツマーケティング 本04

出典:はじめてのコンテンツマーケティング|amazon

コンテンツマーケティングのコンサルタントが書いた、コンテンツマーケティング初心者の入門書です。

「コンテンツとは」というレベルから、効果的なコンテンツ作りの方法まで丁寧に記載しています。

コンテンツ作りのスキルよりも、基本的な考え方を学ぶことを重視して作成された本です。

4.Webコンテンツマーケティング サイトを成功に導く現場の教科書

出典:Webコンテンツマーケティング サイトを成功に導く現場の教科書|amazon

コンテンツマーケティングを、企業の戦略にどう結び付けていくかを丁寧に解説した本です。

コンテンツ作成でのアイデア不足に対しても、どうやったらコンテンツのアイデアを考えられるかが記載されています。

コンテンツマーケティングの効果が上がらないとき、どこを見直すべきかについても記載されているので、既にコンテンツマーケティングを始めている会社にもおすすめです。

5.商品を売るな コンテンツマーケティングで「見つけてもらう」仕組みをつくる

出典:商品を売るな コンテンツマーケティングで「見つけてもらう」仕組みをつくる|amazon

コンテンツマーケティングの重要性を理解するために、読んでおきたい本です。

コンテンツマーケティングの事例が豊富に記載されているため、事例に沿って理解を深めることが出来るようになっています。

タイトルの通り、商品を売るのではなく、いかに探してもらえるようにするかについて、詳しく記載してあるので、コンテンツマーケティングや商品を売るロジックが知りたい方におすすめです。

6.広告なのにシェアされるコンテンツマーケティング入門

出典:広告なのにシェアされるコンテンツマーケティング入門|amazon

コンテンツマーケティングの実践論について詳しく記載している本です。

コンテンツマーケティングを具体的にどんな形で実現していくのか、重要なポイントに絞って、実例と作り方を丁寧に記載しています。

特にネットでバズりたいと考えている方にはおすすめです。

コンテンツマーケティングだけでなく、メディア論やコンテンツビジネスについての理解も深められます。

【コンテンツマーケティング番外編】バズと炎上

ここではコンテンツマーケティングの番外編として”バズ“と”炎上“についてご紹介します。

この二つの単語は近年、耳にすることも多くなったのではないでしょうか?

Twitterを中心としたSNS界隈でしばしば利用されている言葉で、どちらも多くの人の注目を集めるという意味があるため、集客と近しくも遠い存在だと言えるでしょう。

バズとは?

俗に、ウェブ上で、ある特定の事柄について話題にする。特に、SNSを通じて多人数がうわさをしたり、意見や感想を述べ合ったりして、一挙に話題が広まることを指す

引用:バズる|コトバンク

バズるはマーケティング用語の「BUZZ」が語源になっています。

BUZZは蜂がブンブンと飛び回る音から来ており、一か所に集まって騒ぐという意味があり、口コミを活用したバズマーケティングも注目されています。

ツイートが○○○万リツイートを達成、インスタのいいねが○万件突破といったSNS上で話題に上がり拡散された状態をバズやバズると表現することが多くなっています。

一挙にたくさんの人に情報を広げることができるメリットがあると言えるでしょう。

炎上とは?

炎上は、何かしらの不祥事や事件をきっかけに一気に注目が集まることを指します。

芸能人のブログにコメントが殺到したり、Twitterで一時期増加したバカッターなどが当てはまります。

バズと決定的に違うのは、ネガティブな印象が付きまとってしまうことです。

バズでは「すごい」「もっと世に広めたい」という気持ちから拡散をしますが、炎上では「曝しあげ」に近い形で拡散されます。

一度拡散され炎上してしまうと、それらを完全に消すことは難しく悪いイメージが付きまとってしまうというマイナスの部分の方が大きいでしょう。

しかしこれを逆手に取り「注目が集まる」という部分だけを有効的に活用する炎上マーケティングという言葉も誕生しています。

一時的な集客に意味はあるのか

バズも炎上も一挙にたくさんの人の注目を集めることができますが、あくまで一時的なものに過ぎません。

メディアサイトを知ってもらうきっかけとして、コンテンツの爆発的ヒットの起爆剤として活用できるかもしれませんが、炎上に限っては自ら起こすはそれ相応のリスクが伴います。

長期的に安定した集客を狙いたいのであれば、バズではなく、先述したようなターゲットに基づいた従来のコンテンツマーケティングが適切だと言えるでしょう。

コンテンツマーケティングの事例

では、コンテンツマーケティングは現在どのような場面で活用されているのでしょうか。

弊社のクライアント様の中でも、B to BとB to Cの両方において実施される企業は多くその業種は様々です。

また、最終の目標も、「ユーザーを集めてPV数を上げる」「問い合わせ」「来場予約」など企業によって変わっており、それぞれに合わせたメディアサイト作りを行っています。

コンテンツマーケティングの成功事例については以下の記事をご覧ください。

コーポレートサイトをオウンドメディアにして問い合わせ数が5倍になった事例

検索順位を圏外から1位にした着物レンタルのコンテンツマーケティングの事例

検索順位の上位をキープしている名古屋の不動産会社のコンテンツマーケティングの事例

コンテンツSEOの成功事例については以下の記事をご覧ください。

問い合わせ件数を5倍にした不動産会社のコンテンツSEOの事例

 

コンテンツマーケティングの今後の展開

一度作成すれば、企業の資産となるコンテンツは今後より注目があつまると考えられます。

Web社会になるにつれて、ネットの情報は溢れかえり、ユーザーは情報を取捨選択する必要があり、メディアリテラシーも身に着けていくのではないでしょうか。

その中で企業がまず第一に考えなければならないことは、正しい情報をユーザーに伝えること、そしてより魅力的なコンテンツとして提供することです。

また、Instagramのインフルエンサーマーケティングも注目されており、コンテンツマーケティングとSNSの連携は欠かすことができないでしょう。

企業の到達目標に合わせて、メディアを組み合わせて適切な方法でユーザーのもとに届けること、そして企業にあったコンテンツ制作がマーケティングの成功のカギとなるでしょう。

WEBでの集客はランプのコンテンツマーケティングにお任せください

WEBでの集客はランプのコンテンツマーケティングにお任せください
 

株式会社ランプは、他社にはない独自の技術でお客様をサポート。


お客様に合った最適なプランをご提案し、貴社の課題を解決に導きます。


WEBサイトのアクセスアップ、WEBサイト経由の売り上げアップ、企業のブランディング等でお困りの際は、是非お気軽にお問い合わせください。


WEBサイト制作、SEO、Instagramインフルエンサーサービスのみのご依頼も承っております。


 

お問い合わせはこちら

この記事のライター

松下 朝香