徹底解説!コンテンツマーケティングを成功させるサイト構築

徹底解説!コンテンツマーケティングを成功させるサイト構築

数あるマーケティング手法の中でも、今や実施しない手はないというほどに注目を集めているのがコンテンツマーケティングです。

その有効性は実績が証明しており、多くの企業がこれを採用し運用しています。

 

コンテンツマーケティングを成功させるサイト構築の解説

コンテンツマーケティングとは

コンテンツマーケティングとはコンテンツマーケティングとは、ユーザーにとって有益なノウハウや情報をタイミングよく提供して購買行動に繋げることです。

コンテンツマーケティングについて詳しく解説している記事

 

ここでいうコンテンツはブログや自社サイトの記事に留まらず、小冊子や動画、セミナーやメールなども含みます。

 

コンテンツマーケティングの目的

国民の殆どがインターネットに繋がる時代を迎え、今やどんな企業でも自社サイトの構築は不可欠です。

特にECショップの場合、販売に繋げるためには自社サイトを訪問してもらう事が大前提であり非常に重要です。

成功するサイトを構築するためには緻密なマーケティング設計が必要であり、この中でコンテンツマーケティングの果たすべき役割を正しく把握する必要があるでしょう。
コンテンツマーケティングというとコンテンツSEOを思い浮かべる方も多く、混同して使われることも少なくありません。

コンテンツSEOとは、文字通りコンテンツを利用してSEO対策、つまり検索エンジンの最適化を行うことです。

コンテンツマーケティングの一部と位置付けられ、GoogleやYahoo!の検索で上位に表示される事が目的です。

 

サイト設計について

WEBサイト設計コンテンツマーケティングが現在非常に注目されていることは、Googleの価値観と無関係ではありません。

Googleは、ユーザーにとって本当に役立つ情報こそが検索の上位に来るべきだと考えているのです。

その為に検索システムのアルゴリズムを頻繁に見直し、このポリシーに反するサイトを排除するメンテナンスを行っています。

かつてはアルゴリズムの隙をついて強引に検索上位にリストアップする手法が持て囃されたこともありましたが、現在では通じなくなっています。

日本で利用者の多いYahoo!は2011年からGoogleの検索システムを使うようになっており、検索結果の表示に若干の違いはあるものの、この2つはほぼ同じものと考えられています。

したがって有効なSEO対策としては、良質なコンテンツを作成することこそが近道と言えるでしょう。

 

コンテンツSEOの必要性

コンテンツSEOコンテンツSEO用の記事は検索エンジン最適化対策として用意すべきものであり、その目的はユーザーに認知されることです。

購買行動は、認知されることからスタートし、興味を持ってもらい、商品の検討を経て購入に導きます。

さらに継続利用に繋げ、最終的にはファンになってもらう事が求められるでしょう。

購買行動の入り口に立ってもらうのに有効なのがコンテンツSEOです。

しかしサイトはコンテンツSEO用の記事だけあればよいというわけではありません。

外部リンクや広告などから導かれてきたユーザーが辿り着くランディングページは重要な役割を果たします。

商品の価格や特徴などを説明するための、見やすく分かりやすいサイトコンテンツも必要です。

会社名で検索された時のための使いやすいサイトトップも作らねばなりません。

 

コンテンツマーケティングの実施

サイト構築や具体的なコンテンツ作成の前段階としてやっておかなければならない非常に重要なことがあります。

それはキーワード選定とユーザーのターゲット化です。

自社にとって重要なキーワードを全て洗い出し、どのような組み合わせによってどのようなコンテンツが必要になるかを分析しなくてはなりません。

そしてユーザーのターゲット化はマーケティングの基本です。

今多くの企業でユーザーのペルソナ作りが行われています。

自社がターゲットとするユーザーがどのような悩みを持ち、どのような解決を求めているかを明確にすることで、キーワードを使った有効なコンテンツ作りに繋げることが出来るのです。

最後に

コンテンツマーケティングは、効果が一時的なリスティング広告などと違い、企業の資産として蓄積することで長期的な効果が期待できます。

コストも無駄になりません。

サイトやコンテンツは作ったら終わりではなくフィードバックによって改善に役立てることが大切です。

そのため、実際の運用結果を分析・検証し、運用改善や記事のリライトなどのアフターサポートが重要になって来るでしょう。

この記事のライター

鈴木 駿也