企業がビジネスでInstagramを活用する理由とは?

企業がビジネスでInstagramを活用する理由とは?

今大流行している「Instagram」。

若者が利用するSNSの代表格とも言えますよね。

皆さんはInstagramを利用していますか?いいね!もらっていますか?

Instagramを利用している人の多くは、日常に起きた出来事を写真に撮ってアップしていることと思います。

しかし、Instagramはプライベートだけではなく、ビジネスとして企業が活用することもできるのです。

今回は、なぜ企業がビジネスでInstagramを活用しているのかについて、説明していきたいと思います。

なぜ企業がビジネスでInstagramを活用するのか

認知を広げることができる

Instagram 認知を広げることができる

Instagramの最も特徴的な部分であり、他のSNSとの違いとして挙げられるのが非言語のメディアであるということです。

写真や動画をメインにした投稿ができることから、視覚的な影響が強いメディアだと言えるでしょう。

そして、この非言語であることで消費者に自社の商品や特徴が伝わりやすくアピールもしやすくなります。

百聞は一見にしかずというわけですね。

またインスタグラマーやインスタアイドルと言われる、フォロワー数の多いインフルエンサーを活用することもできます。

自社について、そして自社の商品について消費者に認知してもらうことができる可能性が他高くなることから、Instagramをビジネスで活用する企業が増えています。

そして、ただ商品や店舗を紹介する投稿をするだけではなく、企画やキャンペーンを起こし、どのようにInstagramと掛け合わせて活性化させかが重要です。

では、実際にはどのように活用されているのでしょうか。

具体的な例を挙げてみましょう。

Instagramをビジネスで活用する具体的な企業例

Instagramをビジネスで活用する具体的な企業例

BUYMA(バイマ)

ファッション通販サイトの「BUYMA」はInstagramのフォロワー数が3万人を突破したことを記念にあるキャンペーンを実施しました。

それは自社の商品をプレゼントするというものです。

BUYMAの公式アカウントをフォローしたのち、#アイラブバイマ(この時のキャンペーンの名前)というハッシュタグをつけてBUYMAの商品写真をInstagramに投稿する。

これだけでキャンペーンに応募したことになります。

その応募者の中から3人のユーザーに投稿した商品がプレゼントされるというものでした。

応募期間には約2500件ほどの応募が集まったそうです。

このキャンペーンは応募を簡単に済ませられることも特徴ですが、1番の狙いはユーザーとのつながりを築くことでした。

企業のアカウントをフォローするユーザーが増えることで、その後の投稿も目に留めてもらうことができます。

こうしたきっかけから大量のフォロワーの獲得に成功しました。

美容院

若者に人気のあるInstagramをうまく活用しているのが美容院や美容師です。

国内でも莫大な数がある美容院は、どのように他との差をアピールするのかが重要になります。

また、美容師個人としては指名を獲得することを目的としている人も。

そこで、Instagramをヘアカタログとして活用しています。

髪形や髪色を投稿しておけば、顧客も美容院を簡単に探すことができますし、カットやカラーの参考にすることもできます。

広告費を使わずに宣伝できるというのも活用される大きな要因となっていると言えるでしょう。

GAP

インスタグラムには動画を投稿するもあります。

その動画をうまく活用しているのがGAPです。

商品を紹介する動画やGAPの商品を着用した人が出演する動画を投稿し、普段の生活とブランドとの接点をうまくアピールしています。

ストーリーをうまく構成し、ファン・ユーザーに結び付けています。

まとめ

企業がビジネスでInstagramを活用するのは、Instagramの非言語メディアという特性を活かした宣伝が行えるからだと言えるでしょう。

視覚に訴えるテレビCMや街頭広告よりもお手軽ですし、また、SNSの拡散力という利点もあります。

そして、コメントやDM機能を使用してユーザーと繋がることもできます。

Instagramでビジネスを行う時には、キャンペーンや企画を積極的に行って、ユーザーやファンを増やしていくことが鍵になるのではないでしょうか。

 

合わせてこちらの関連記事もお読みください!

違いを解説!Instagramのビジネスアカウントとは

この記事のライター

田中 智啓